あなたは大丈夫? 「セックスレス大国」日本

「性の不満足」は夫婦関係のリスク要因

セックスレスは、「下ネタ」ではなく、まじめに取り扱うべき大きな問題です(写真はイメージ。提供:【Tig.】Tokyo image groups / Imasia(イメージア))
アベノミクスでも注目を浴びる、「女性の活用」。一見、聞こえのいいこの言葉、実は大きな問題をはらんでいるという。本連載では、そんな「男と女」にかかわるさまざまな問題を、異色の男性ジェンダー論研究者が鋭く斬る。

 

今回のテーマは、ずばり「セックスレス」です。いきなりなんという話題だ! と思われたかもしれません。しかしこれは、夫婦や恋人との関係において、正面から向き合う必要のある問題なのです。

日本ではややもすると、性を話題にしただけで「下ネタ」といった誤解を受けます。大学のジェンダー論の講義の中では、マスターベーションの歴史や認識の変化、社会における違いなどまで話題にしています。「本能だ」と勘違いされている自慰行為が、いかに歴史的に、また社会によって異なるかを提示することを通じて、性を社会科学の視点からとらえる作業が(下ネタではなく)いかに重要であるかを伝えたいと思っているからです。

そこで今日のテーマなのですが、日本は世界の中で、著しくセックスの頻度が低い社会で、なおかつ性生活に対する満足度も著しく低い社会なのです。個人的な関係の水準を超えて、この問題について考えてみましょう。

次ページ性についての調査を見る
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。