「料理はお母さん」発言の教育長を直撃

日本のPTA、やっぱり変です【PART2】

家事・育児は、「手伝う」ものではなく、「共有」するものです(写真:Kzenon / Imasia(イメージア))
アベノミクスでも注目を浴びる、「女性の活用」。一見、聞こえのいいこの言葉、実は大きな問題をはらんでいるという。本連載では、そんな「男と女」にかかわるさまざまな問題を、異色の男性ジェンダー論研究者が鋭く斬る。

 

渋谷区の森富子教育長が、PTAの研修会で「食事を作るのはお母さん」という問題発言をしたことを、以前の連載「日本のPTA、やっぱり変です」で取り上げました。反響はとても大きく、この連載の中では破格に多い90万以上のアクセスと8000を超える「いいね!」をいただきました。

単なる揚げ足取りのように見えるかもしれませんが、私はこれは、男女共同参画社会基本法の理念に抵触する、看過できない問題だと考えます。私は全国の自治体で、男女共同参画に関して講演や研修を何百回とやってきました。その観点から見たとき、渋谷区の問題は明らかに根が深いと思われ、直接の面会を求めて、話を聞くことにしました。場所は渋谷区役所。まず発言の真意をうかがうことから始めました。

 

瀬地山(以下、瀬):東洋経済オンラインに書いた森教育長への批判と、(食事を作るのはお母さんであることを強調する)味の素のCMが性差別であると批判した記事、お読みいただいたかと思います。まずあのときの発言について、ご自身のお考えをお聞かせください。

森教育長(以下、森):うちはその時間帯に先に帰った人が作るという約束で、おばあちゃんやお父さんが作ることもよくあります。学校では朝起きれなかったり、食べれなかったりする子どもがいて、学校で不機嫌になったりするので、そういうことがないようにというメッセ-ジでした。

:先日、大阪府の教育長に、森教育長の発言を批判した「週刊金曜日」(9月26日号)の記事を見せたところ、「この発言はアウト」と即答されました。問題の深刻さをおわかりになっていらっしゃらないようです。女性に対してどれほど抑圧的に働くかわかりませんか?

次ページ驚きの回答が次々と
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。