スパっと決められる女子こそ、皆に好かれる

経沢香保子・カラーズ社長の仕事感(上)

 今回は、私が尊敬している女性起業家、経沢香保子さんにお話を伺います。経沢さんはリクルート、楽天で経験を積んだ後に26歳で起業。その後、当時女性最年少で上場企業社長となり、多くの働く女性に勇気を与えました。10月に新会社「カラーズ」をスタートし、ITを使った女性支援、育児支援事業を展開していくとのこと。
 経沢さんにお聞きしたいのは、これからの女性の働き方。女性の働き方を考えることは、同時に男性の働き方を考えることでもあります。それぞれが、社会で強く生きていくための心構えとは?

 太田:私はちょうど起業するときに、ご著書『自分の会社をつくるということ』(ダイヤモンド社/2005年)を読んで運命的な出会いだと思いました。同時期に朝日新聞の一面に経沢さんが載っていらっしゃるのを見て、次の日には経沢さんが主宰していた女性起業塾に申し込んでいたぐらいです。憧れの的だったのですが、一方で身近にも感じていて、その理由の一つは私も経沢さんもリクルート出身ということ。最近リクルートは上場して話題となっていますが、学んだことは今、生きていますか?

経沢:「リクルート出身」と言われるのが申し訳ないぐらい昔なんですよ。サラリーマン経験は3年、リクルートは1年半しかお世話になっていないのに、「元リク」と言っていただいて。

太田:最近も、「注目する『元リク』10人」(プレジデントオンライン)の中に、女性としてただ1人だけ選ばれていらっしゃいました。

能力の差より、意識の差

経沢:ありがとうございます(笑)。リクルートに就職したいと思ったのは、いわゆる「実力主義」の企業だったからです。私が就職活動をした1997年当時、まだけっこう男女差別があったんですよね。私は社会で活躍したかったから、まずは就職偏差値の高い会社に入っておくと有利なのかと考えました。

でも、OB訪問で「女の子は2倍頑張っても認められない」って聞いて、それなら男女差別を感じない完全実力主義のリクルートっていいなと思ったんです。はやく成長して実力をつけたかったんです。太田さんも、そういう気持ちなかったですか? 

太田:私は……たまたまなんです。入社するまでは何も考えてなかったんですけど運良く受かってしまって、入ってから感化されたんですよね。

経沢:そうなの? バリバリ仕事したい気持ちがなかったら、大変ではなかったですか?(笑)。

次ページリクルートで身につけた、仕事の「基礎体力」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。