ヴァージン墜落、遠のく「宇宙旅行の夢」

<動画>テスト飛行中の事故で1名死亡

機体の破片にはVirginのロゴがみえる

10月31日、モハベ砂漠上空でのテスト飛行中、ヴァージン・ギャラクティック社のサブオービタル宇宙船が事故により壊れて、少なくとも1人が死んだ。

多くのヘリコプターとトラックがカリフォルニア州のモハベ砂漠の1カ所に集結した。テスト飛行中に落下したヴァージン・ギャラクティックの機体の破片がある場所だ。

この宇宙船「スペースシップ2」は、ヴァージングループ総帥、リチャード・ブランソン氏の元で開発が進められてきた。地元の警察は2名のパイロットのうち1人が死に、1人が重傷だという。

事故の原因は不明

ナレーションは英語です(音量にご注意ください)

スペースシップ2は今年1月以降、テスト飛行に力を入れてきた。今回の事故の原因は不明だ。会社側は、非常に深刻な事故と認識し、当局とともに原因を分析していくと宣言している。

800人以上の人々がすでに、この宇宙船に乗るための予約をしている。この宇宙船は、100キロほど上空まで上昇し、乗客に対して宇宙の暗黒に浮かぶ地球の眺めを楽しめる、というものだ。

今回の事故は米国の宇宙関連会社にとって1週間で2度目の事故だ。10月28日(火曜日)には、ISS(国際宇宙ステーション)に荷物を運ぶミッションを持ったオービタルサイエンス社のロケットがヴァージニア州でリフトオフした直後に爆発している。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。