世界初!3Dプリンタのロックバンド

<動画>スウェーデン製、「世界に1つの楽器」

スウェーデンのルンド大学で作られる3Dプリント楽器の実力とは?

ルンド大学マルメ音楽アカデミーの学生らは、3Dプリンタで作り出された楽器のみを使う世界初のバンドだ。彼らが使うギター、ベース、キーボード、ドラムを製作した、プロダクト開発を専門とするルンど大学のオラフ・ディーゲル教授は、「3Dプリンタによりミュージシャンは望み通りの仕様の楽器をデザインできるようになる」と語る。

オリジナル楽器の製作が可能

プロダクト開発が専門で3Dプリンティングにも取り組んでいるディーゲル教授が、楽器のデザインとプリンティングを行っている。「私が作る楽器はすべて、ミュージシャンのために特別に作られたオリジナルです。これは、従来型の製造手法ではできないことです。例えば、ミュージシャンが『ギブソン・SGのようなネックの重いものがほしい』と希望すれば、デジタル処理でミュージシャンが望む位置に重心を移動することができます。または、指がフィットしやすいようにここにスキャロップド加工がほしい場合にも、そのようにデザインできます。デザイン過程で随時変更ができ、『プリント』ボタンを押せば、11時間か12時間後にはすぐに演奏できる新しいバージョンの楽器が手に入る点が3Dプリントの魅力です」。

同バンドは新しい楽器をとても気に入っている。リード・ギタリストのミケル・モルエタ・ホルメー氏は、スチームパンク風のデザインに特に惚れ込んでいる。「ボディのデザインに動くパーツを加えました。このギターは丸ごとプリントされているのですが、スイッチを押すと回転します。今まで見た中で最高のギターだと思います」。

ベーシストのヒューゴ・ルンドウェル氏によれば、音質が劣っていることはないという。「ボディは音や演奏にあまり影響しないと私が言えば、フェンダー信奉者の中には腹を立てる人がいるかもしれません」。

3Dプリント製造の楽器が、最愛のフェンダーやギブソンのギターに代わる現実的なものであるということを、頭が固いことで有名なミュージシャンらに納得させたいとディーゲル教授は考えている。徐々にミュージック界の賛同を得ていると教授は述べている。「『見た目は素晴らしいが、サウンドは期待できないだろう』と、単なるギミックに違いないという最初の疑念を取りのけ、実際に楽器を演奏してみて、エレキギターのようなサウンドだということに気付くと、考えが変わります。私たちに今必要なのは、誰か著名なミュージシャンに取り上げてもらい、演奏に使ってもらうことです」。

ディーゲル教授が作るギターの現行モデルの価格は、約3500ドルである。ギター製作の転換には、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジ、カルロス・サンタナのようなギタリストらの賛同が必要かもしれないが、少なくとも同バンドにとっては、3Dプリント楽器は何の遜色もない素晴らしい音色を奏でている。

ナレーションは英語です。音量にご注意ください
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。