CESの意外な成長株「3Dプリンタ」

ウエアラブルデバイスやカーエレだけではない!

CESの会場の様子

1月7~10日まで米ラスベガスで行われる世界最大規模のエレクトロニクス展示会、「インターナショナルCES2014」。会場ではウエアラブルデバイス、カーエレクトロニクスの出展が目立ったが、ほかにも地味な”成長株”があった。3Dプリンタだ。

特別ゾーンを設置

2013年のCESでは大手が数社出展しただけだったが、今年は28社が出展。専用の展示スペース「3Dプリンティング・テックゾーン」をラスベガス・コンベンションセンター南館3に設置した。3Dシステムズ、ストラタシス、メイカーボット(ストラタシス傘下)など米国に本拠を置く大手企業のほか、仏スカルプテオなどがブースを出していた。展示会を主催する団体のカレン・チュプカ企業ビジネス戦略上級副社長は特別ゾーンを設置した理由について「産業界の中でダイナミックで革新的な分野の一つに急激になったため」と語る。

ここ2~3年でにわかに注目が集まりだした3Dプリンタだが、その新しいトレンドはどのようなものだろうか。わずか499ドルの3Dプリンタを台湾のXYZプリンティングが展示するなど、「低価格化」は依然としてキーワードだ。

次ページ「ネットワーク」もキーワード
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。