世界の製薬業界は「特許切れ」リスクが収益を圧迫、見通しはネガティブ《ムーディーズの業界分析》


VP−シニア・アナリスト
小坂則子

世界の製薬業界の見通しは、ネガティブである。 この見通しは、向こう12~18カ月にわたる、業界のファンダメンタルな信用状況についてのムーディーズの見通しを示したものである。

製薬業界は重要な岐路にある。大規模で収益性が高く、格付けも高いブランド医薬品メーカーの多くは、後期段階にあるパイプライン(新薬候補)の質も良好とはいえず、コスト圧力が高まる中、特許切れのリスクに直面している。世界の製薬業界に対するネガティブの見通しは、今後の特許切れ、力強さに欠けるパイプラインの質、医薬品価格を対象とした世界的な医療費抑制政策により、複数年にわたって収益成長が圧迫されるとの見方を反映している。一部の企業は継続的な収益低下に直面するとみられる。

特許切れのリスクは依然として、世界の製薬業界に対するムーディーズのネガティブの見通しの主な要因である。特許切れは最近の業界再編の大きな要因となっており、引き続き業界再編を促すものと予想している。

[+]画像拡大

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。