決算書はここだけ読め! キャッシュ・フロー計算書編 前川修満著

決算書はここだけ読め! キャッシュ・フロー計算書編 前川修満著

導入されて10年。利用価値の大きいキャッシュ・フロー(CF)計算書だが、まだ根付いたとは言いがたい。デフレの時代にはことさら「おカネ」を増やす経営が大事であり、CF計算書はますます有用性を増していると公認会計士の著者は説く。

CF計算書の重要なポイントは二つ。人間の姿に例えるなら、相手の全体像に相当する「営業活動によるCF」、目に相当する「投資活動によるCF」に注目することだと教える。損益計算書が粉飾されても、CF計算書はいかに正直に事実を表すか、具体例で分析。また、JR東海、東芝とサムスン、王将フードサービスなどの計算書を例にして、一歩踏み込んだ経営分析も試みる。

講談社現代新書 756円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。