小林雅さん、IVSは何を目指しているのですか

日本最大級ベンチャーカンファレンスの秘密

「プロフェッショナル対談」は、経営共創基盤のマネージングディレクターである塩野誠氏が、次の時代を切り開くリーダーと対談し、キャリアについてのホンネを引き出すコーナー。今回のゲストはインフィニティ・ベンチャーズLLP 共同代表パートナーの小林雅さんです。前編、後編に分けてお届けします。(編集部)

 

目の前で談笑するジェフ・ベゾス

塩野:小林雅さんはインフィニティ・ベンチャーズ・サミット(以下、IVS)という、日本最大規模のベンチャー企業向けカンファレンスを主催されています。これはどういうコンセプトで始まったものですか。

小林:IVSの前身は2004年にできたニュー・インダストリー・リーダーズ・サミット(以下、NILS)というものです。塩野さんにもご登壇いただいたことがありますよね。

NILSのヒントを得たのは、僕がグロービス・キャピタル・パートナーズというベンチャーキャピタルに勤めていたときです。まだシリコンバレーに行ったことがなかったので、当時の上司に、「一緒に行きましょう」と言ったんです。ちなみにその上司は仮屋薗聡一さんという伝説のベンチャーキャピタリストです。

それで突然向こうに行っても何もツテがないので、ETECHという技術系のカンファレンスに一般参加しました。するとなんとそこにアマゾンの創始者のジェフ・ベゾスが、僕らと同じ一般の参加者として目の前に座っていた。休憩時間にはあのベゾスが自分でコーヒーをついで、ほかの参加者と気楽に話してるんですよ。

当時、日本には大手企業が自社宣伝用に開く「なんとかフォーラム」とか、平均年齢の高い経営者の団体くらいしかなくて、こんなふうに若い経営者が気軽に参加できるようなイベントが全然なかった。

次ページIVSの前身は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。