冬のライオン S・ユンガーほか著/尾沢和幸ほか訳

冬のライオン S・ユンガーほか著/尾沢和幸ほか訳

人は生死の分かれ目で何を考え、どう行動するか。事実のすごみがノンフィクションドキュメンタリーの神髄だ。本書に収録された10編はそれぞれ魅力的な主題と人物を配し、その醍醐味を満喫させてくれる。

たとえば、アフガニスタンでソ連やタリバン相手にゲリラ戦を戦い抜いたマスード将軍の、テロに倒れる直前の日々。犠牲者を出しながらもアフリカでエボラ出血熱と闘う医師たち。コンゴ北部でマウンテンゴリラを救うため、命を懸ける多数のボランティア。そこでは「人間の命よりもゴリラの命が大切にされるのは、どういうときか」と、根源的な疑問を抱かせる。

現代における冒険は、今や宇宙を除けば「探検の時代」が過ぎ去り、「共生、保護の時代」に様変わりした。この分野のノンフィクションも、おのずから変わらざるをえない。本書の元原稿を掲載した米『アドベンチャー』誌が休刊になったのも、そんな事情を反映している。

日経ナショナルジオグラフィック社 1890円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。