「栄養ドリンク」「トクホ」に潜む重大問題

元気になるはずが、体に毒になる場合も

画像を拡大
トクホ「キリンメッツコーラ」
(撮影:今井康一)

たとえば、トクホのコーラ。「キリンメッツコーラ」や「ペプシスペシャル」にはアスパルテームスクラロースアセスルファムKが全部含まれている。「その意味で、トクホでない普通のコーラよりも体に悪いとの見方もできる」。

これらがトクホに認定された理由は、難消化性デキストリン(食物繊維)が含まれていて、それが脂肪の吸収を抑えるから。「脂肪の吸収を抑えても、ほかは水と添加物だけです。カラメル色素酸味料香料カフェインが入っている」(渡辺さん)。

つまり、コーラは基本的に“化学物質のカクテル”なのだ。トクホの審査基準を疑う必要がある。「特定の成分や効果」ではなく、商品トータルで審査してほしい。

コーラの「カラメル色素」は大問題!

画像を拡大
トクホ「ペプシスペシャル」
(撮影:今井康一)

そして、渡辺さん、大西さん、特集2日目の記事で紹介した安部さんが口をそろえて問題視するのは、コーラのカラメル色素である。

カラメル色素には製法の違いによってカラメルⅠ~Ⅳの4種類あり、カラメルⅢとカラメルⅣは発がん性物質の4-メチルイミダゾールが含まれている。アンモニウム化合物が原材料として使われ、それが変化し、副産物として4-メチルイミダゾールができてしまう。その製法は以下のとおり。

カラメルⅠ でんぷん分解物、糖蜜、または炭水化物を熱処理して得られたもの。あるいは酸もしくはアルカリを加えて熱処理して得られたもの。
カラメルⅡ でんぷん分解物、糖蜜、または炭水化物に、亜硫酸化合物を加えて、またはこれに酸アルカリを加えて、熱処理して得られたもの。
カラメルⅢ でんぷん分解物、糖蜜、または炭水化物に、アンモニウム化合物を加えて、またはこれに酸もしくはアルカリを加えて、熱処理して得られたもの。
カラメルⅣ でんぷん分解物、糖蜜、または炭水化物に、亜硫酸化合物およびアンモニウム化合物を加えて、またはこれに酸もしくはアルカリを加えて、熱処理して得られたもの。

 

問題は、メーカーがどのラメル色素を使用しても、パッケージの「原材料名」には「カラメル色素」としか表示されないことだ。消費者はカラメルⅢ・Ⅳが使われているか否かを知ることができない。

カラメル色素は天然着色料の中で最もよく使われている添加物。コーラだけでなく、醤油やソース、パスタや焼きそば、インスタントラーメン、カレールー、プリンなど、さまざまなものに使われている。

だが、「コーラのような酸性の液体には、数年経っても色あせしないようにカラメルⅢ・Ⅳが使われている」(安部さん)。

次ページ日本の各社コーラ、発がん性物質は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。