野菜ジュースの真実、伊藤園・カゴメに聞いた

主力商品の製法や成分はどうなっているの?

 先日、掲載した5日連続特集「ヤバすぎる!ドリンクの裏側」で最も読者の反響が多かった記事は、「『野菜ジュース』の成分は“満足感”だけ!」だった。そこで「番外編」として、野菜ジュースの大手メーカーに“本当の成分”と詳しい製法を聞いてみた。回答してくれたのは、伊藤園のマーケティング本部部長・内山修二さん、カゴメのメディアコミュニケーション部広報グループ・仲村亮さんだ。
特集「ヤバすぎる!ドリンクの裏側」バックナンバーはこちら。
伊藤園「1日分の野菜」(左)とカゴメ「野菜一日これ一本」(右)の裏側をメーカーに直撃!

 

──伊藤園の「1日分の野菜」について伺います。パッケージに「野菜350g分使用」「栄養もきっちり摂れる」と書いてありますが、本当ですか。大半の栄養素は失われ、食品添加物で補っているのでは?

伊藤園:実はこの話は今に始まったことではなく、2007年10月12日付の朝日新聞で「『1本で1日分の野菜』実は栄養不足」というふうに取り上げられたことがあります。

もともと、厚生労働省は「1日350gの野菜を取りなさい」と量的な面で推奨しているものの、栄養素についての明記はありません。なぜかというと、全国各地で食べている野菜が違うのと、それぞれの野菜に含まれる栄養素が違うからです。それで厚生労働省は栄養素の基準までは決めなかった。とにかく350g取ると、国民はだいたい健康に暮らせることが疫学的にわかってきたので、まずは量を取ることを推奨したのです。

そこで、われわれは350gの野菜を使ったジュースを作ろうというコンセプトで、2004年5月に「1日分の野菜」を発売しました。ただ、「野菜350g分使用」としていますが、もともとの野菜は540g分使っています。540gを搾って、搾りかすを全部取り除いています。

──食物繊維などですか。

伊藤園:食物繊維といっても、水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維があって、水に溶けない不溶性の食物繊維は搾りかすとして取り除きますが、水溶性の食物繊維は、野菜ジュースの中に若干残っています。トクホ(特定保健用食品)の商品によく含まれている「難消化性デキストリン」がそれに当たります。

野菜ジュースの栄養素は全部が全部失われるわけではありません。ビタミン類も同じです。

──ビタミンCは熱で壊れやすいのでは?

伊藤園:確かに熱によって減少しますが、ニンジンなどは生のまま放置しておくと、アスコルビナーゼという、ビタミンCを失活させる酵素がどんどん働いて、日にちが経つほどビタミンCが失われていきます。このアスコルビナーゼの働きを、熱で止めてビタミンCを保つ面もあるということをご認識いただきたいと思います。

次ページお客様に誤解を与えてしまった
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。