一大産地が被害、どうなる"レタス価格"

全国の27%を生産する川上村で雹害

川上村のレタス畑の様子。標高が高い農地で深刻な雹害があった

全国的な天候不順の影響により、このところ野菜の品薄、高価格が続いている。なかでも、日本第一のレタス生産地、川上村(長野県南佐久郡)では、8月下旬に降った雹によって大きなダメージを受けているという。

川上村は「レタス王国」とも呼ばれる有名なレタス産地だ。2012年の農林水産省によるデータでは、全国のレタス収穫量(夏秋レタス)27万8800トンのうち、7万6400トンと27%を生産している。また、人口の7割が農業に従事しており、世帯あたりの年商が2500万円の「奇跡の村」としても、話題となったことがある。地元のゆるキャラ「レタ助」は、レタスと、原産の和犬「川上犬」をモチーフにしたものだ。

農業後継率は100%

元気な高齢者が多いことも川上村の自慢だ。2012年の厚生労働省のデータによると、一人あたりの医療費が低い市町村として、全国5位に名を連ねる。「現在100歳超の方が2人います。みなさん生涯現役で働きます」(川上村役場産業建設課・農政兼林務係長の井出智博さん)。

農業につきものの「後継者問題」も、川上村については無縁だ。農業後継率は100%。遊休地がないので、いわゆるIターンなどの希望者も多いものの、受け入れられない状況だそうだ。

次ページ標高の高い地点が被害
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。