米テスラモーターズが描く電気自動車革命

高級セダン「モデルS」の日本納車を開始

9月8日から日本で「モデルS」の納車を開始した米テスラモーターズ。納車イベントでは9人の顧客にマスクCEOが直接カギを手渡した

あの“高級電気自動車”が、ついに日本デビューを果たした。

 米国の電気自動車(EV)ベンチャー、テスラモーターズは9月8日、高級セダン「モデルS」の日本での納車を開始した。東京・六本木ヒルズ森タワーの地上52階の展望台に9台のモデルSを用意。テスラの提携先であるパナソニックの山田喜彦副社長をはじめとする9人の“初”顧客に、イ―ロン・マスクCEO(最高経営責任者)からカギが手渡された。

 ガソリンエンジンのスポーツカー顔負けの加速

モデルSの価格は823万円から。電気自動車の動力源であるリチウムイオン電池の出力の違いなどによって、3つのグレードが用意されている。注目されているのが、その走行性能だ。85キロワット時のバッテリーを積んだ最も高性能なモデルは416馬力もある。ガソリン車と違いEVは、アクセルを踏み込んだ瞬間からモーターのトルクが上がる。時速100キロメートルまでの加速が4.4秒と、ガソリンエンジンのスポーツカー顔負けだ。

納車イベントの様子。9人の顧客にそれぞれ「モデルS」のカギがマスクCEOから手渡された(視聴の際は音量にご注意下さい)
次ページマスクCEOがテスラに託した思い
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。