「MSN」全面リニューアルの勝算

産経一本槍から決別、複数の新聞社と提携

リニューアルする「MSN」のプレビューサイト(http//preview.msn.com/)。コンテンツはニュースやエンタメ、スポーツなど10セクションで構成されている

日本マイクロソフトは9月8日、産経グループが運営する産経デジタルと共同運営していたサイトを9月末で終了すると同時に、ポータルサイト「MSN」を全面的にリニューアルすると発表した。新サイトを先行体験できるプレビューサイトを同日公開、近日中に正式サイトの運営を始める。

 マイクロソフトは今後、1995年にサービスを開始したMSNのリニューアルを世界55カ国・地域で一斉に実施するという。利用者が自分の好みにコンテンツをカスタマイズできる機能や、スマートフォンやタブレットなど携帯機器で見やすい画面デザインを導入することで、利用者の拡大を狙う。

MSN日本語サイトはこれまで産経デジタルのコンテンツを中心に提供してきたが、今後は複数の国内大手新聞社との提携に踏み出しコンテンツの拡充を図る。これにより、ポータルとしての存在感を高めたい考えだ。

産経以外のコンテンツも拡充

「いつでも、どこでも同じ情報に触れることが重要になってきている」と、姜アドバタイジング&オンライン統括本部長

同日、東京・品川の本社で会見した日本マイクロソフトの姜希仙(カン・ヒサン)アドバタイジング&オンライン統括本部長は「いつでも、どこでも同じ情報に触れられることが重要になってきている。『モバイル・ファースト、クラウド・ファースト』を提供していきたい」と意気込みを述べた。

リニューアル後のMSN日本語サイトでは、産経新聞に加え、日本のメディアでは新たに読売新聞、朝日新聞、毎日新聞の記事が読めるようになるほか、米ウォールストリート・ジャーナル紙など海外メディアのコンテンツも掲載する。利用者が設定したキーワードに関係するニュースが自動表示されるなど、個人対応のカスタマイズ機能も高めた。

次ページ「msn産経ニュース」は9月末で終了へ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。