【産業天気図・2010年4月~11年3月】アジアなど外需が支える企業業績の回復。ただ回復度はまだら模様



 「会社四季報」記者の見立てによると、2010年4月~9月に活況が期待される業界は海運業(予想天気は「快晴」)、精密機械(同「晴れ」)、半導体(同)など(天気の目安は次ページ表を参照)。10年3月の前回予想から着実に増えている。

   景況感回復が顕著なのは、製造業など外需関連企業。中国・インドを中心とする新興国需要が引き続き伸長する上、拠点・人員リストラなどの構造改革効果が発現する。

   典型例が化学業界で、自動車や液晶パネルといった主要仕向先が中国需要に牽引され活況。投資抑制による設備償却減などで、業界162社の11年3月期営業利益は前期比47%の大幅増が予想されている。半導体も同様で、一時は経営難で政府出資も受けたエルピーダメモリ<6665>が3期ぶりに営業黒字化を果たす見通しだ。

   ただ、後半の10年10月~11年3月になると、業績回復のペースがやや減速する業界が散見される。たとえば鉄鋼業界は、前半の「晴れ」が後半は「曇り」に後退する見通し。鉄鉱石などの原料高が進むことが要因だ。重電も円高が重荷で後半は「曇り」に一段後退する。

   また、内需依存度が高い業界の回復感は低調な傾向。景況感最悪の「土砂降り」と予想された業界は前後半ともゼロだが、建設、医薬、銀行などは通期で「雨」が見込まれる。民主党政権の公共投資抑制方針や薬価改定といった外的要因は、中期的にも企業業績に影響すると懸念される。

   国内産業界の回復感は着実に強まってはいるが、その度合いはまだら模様。さらに、足元急回復の外需牽引業界にも、欧州財政不安や中国人民元の切り上げなど不確定要素がある。造船・重機、家電・AVのように、中国・韓国の新興企業との競争が厳しい業界も目立ってきた。企業経営の手綱はまだ緩められない状況で、今後はあらゆる業界で抜本的な費用削減策や生き残りをかけた合従連衡が出てくる可能性がある。

  ※次ページに業種別の天気一覧
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。