「共感した!」を表現する、新しい投資スタイル

マイクロ投資「セキュリテ」が切り開く応援型投資

 モノがあふれている社会で、売り手はいかにしてモノを売るか。そして、モノに囲まれている私たち買い手が、モノを買う理由とは何なのか。マザーハウス副社長の山崎大祐が、これからの時代の「モノの買い方、売り方」を考えていく。

 

「何のために貯蓄・投資をしますか?」と聞かれれば、ほとんどの人は、「おカネを守るため」もしくは「おカネを増やすため」と答えるでしょう。今更、何を言っているんだ、と言われそうな質問ですね。

しかし、今回、紹介するファンドに投資をしている皆さんの答えは違います。「事業を応援したいから」「事業者の考え方に共感したから」「仕組みに共感したから」。このファンドの投資家で、「利益が出そうだから」という動機を持って投資している人は、とても限られているのです。そのファンドとは、ミュージックセキュリティーズが展開するマイクロ投資プラットフォーム「セキュリテ」です。

「セキュリテ」ホームページのトップ画像

「モノを買う」以上、「働く」未満

「投資というのは、好きな会社を応援する方法として、『モノを買う』以上、『働く』未満、なのではないかと考えています。何かを応援するためにモノを買うだけではなく投資をする、という考え方を広げたいのです」と、ミュージックセキュリティーズ取締役で、「セキュリテ」を担当する猪尾さんは言います。

この「セキュリテ」、仕組みとしてはシンプルです。ホームページを見ると、「地元の特産品を開発するモノづくり」だったり、「老舗旅館の離れの改築」だったり、「地域のスポーツチームを支えるファンド」だったり、さまざまな事業がその詳しい内容とともに掲載されています。

次ページ事業者訪問ツアーが人気
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。