ダウ平均急落、317ドル安の1万6563ドル

早期利上げへの懸念、一気に高まる

7月31日、米国株式市場は急落。S&P総合500種は1日としては4月以来最大の下げを記録したほか、月間ベースでも1月以降初めて下落した。ニューヨーク証券取引所で28日撮影(2014年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 31日 ロイター] - 31日の米国株式市場は急落。S&P総合500種は1日としては4月以降で最大の下げを記録したほか、月間ベースでも1月以来の下落となった。一連の経済指標を受け、米連邦準備理事会(FRB)が一部の予想よりも早い段階で利上げに踏み切る可能性があるとの懸念が高まった。

ダウ工業株30種<.DJI>は317.06ドル(1.88%)安の1万6563.30ドル。

ナスダック総合指数<.IXIC>は93.13ポイント(2.09%)安の4369.77。

S&P総合500種<.SPX>は39.40ポイント(2.00%)安の1930.67。

S&P総合500種とナスダック総合の下落率は4月10日以来の大きさ。ダウ工業株30種も2月3日以来の下落率だった。

またS&P総合500種が4月15日以降で初めて50日移動平均を下回って引けたことで、さらなる値下がりの可能性が示唆された。

米労働省がこの日発表した第2・四半期の雇用コスト指数の前期比上昇率は約5年半ぶりの高さになった。

プルデンシャル・ファイナンシャルの市場ストラテジスト、クインシー・クロスビー氏は「賃金の上昇が見え始めているとすれば、FRBの使命達成が近づいているというシグナルになる」と指摘した。

アルゼンチンが債務不履行(デフォルト)に陥ったことも地合いの悪化につながった。

投資家の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ・インデックス(VIX指数)<.VIX>は4月11日以来の水準まで上昇した。

石油のエクソン・モービルは4.2%下落。第2・四半期の利益は予想を上回ったが、生産量は減少した。

前日に4回目の業績見通し下方修正を行った有機食品小売りのホールフーズ・マーケットは2.3%下げた。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

     終値        16563.30(‐317.06)

前営業日終値   16880.36(‐31.75)

ナスダック総合 <.IXIC>

     終値         4369.77(‐93.13)

前営業日終値    4462.90(+20.20)

S&P総合500種<.SPX>

     終値         1930.67(‐39.40)

前営業日終値    1970.07(+0.12)

*内容を追加して再送します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。