足湯付き新幹線「とれいゆ」はココがスゴい

"ジョイフルトレイン"はここまで進化した

7月19日から運行を開始した「とれいゆ つばさ」の先頭車両。日本初の足湯付き列車だ

旅先だけでなく、移動中も温泉気分を楽しみたい。そんな欲張りな願いをかなえてくれる新幹線が7月19日、福島―新庄間で運行を開始した。JR東日本の「とれいゆ つばさ」である。

車中を楽しむという発想で作られた“ジョイフルトレイン”は、国鉄時代からいくつも製造されていた。現在でも、JR東日本の「リゾートしらかみ」やJR九州の一連の観光列車などが人気を博している。ただ、これらはいずれも在来線だ。

新幹線では、JR西日本が山陽新幹線500系の1号車に子ども向け運転台や「プラレール」のジオラマを設置した例がある。だが、1編成(6両)を本格的に改造した例は、新幹線ではとれいゆが初めてとなる。

列車内の足湯は日本初

画像を拡大
車内の造りは温泉街を連想させる

とれいゆは、それまで秋田新幹線「こまち」として使われていた車両を5億円かけて改造した。その最大の特徴は、車内で足湯が楽しめることにある。駅構内に足湯が設置されている例はあるが、列車内の足湯となると在来線を含めても初めてだ。

1両の中に縦2.4メートル、横50センチメートルの足湯設備が2つ配置されており、一度に8人が同時に足湯を楽しむことができる。1人15分という時間制限があるので、1時間当たり32人が利用できるということになる。

次ページ楽しみは足湯だけではない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。