名門の米ギブソン、東京から始まる世界戦略

ギター界の巨人が世界初のショールームを開設

ギブソンの世界初のショールームでは、70種類ものギターの演奏を試すことができる。店内には、人気ギタリストが使用した名品も展示されている

店頭には巨大なギターレプリカ。店内の壁際には人気ロックギタリストが使用したギター、そして70種類ものギターを試すことができるスペース――。

世界的なギターブランド、米Gibson Brands(ギブソン)の世界初となるショールームがこの7月、東京・八重洲にオープンした。同店舗は米アップルのショールーム「アップルストア」をイメージして作られたという。

事業のグローバル化を加速しているとはいえ、なぜ東京のど真ん中にショールームを新設したのか。来日したヘンリー・ジャスキヴィッツ会長兼CEOは、「このショールームは、私の中ではアップルストアと同じイメージ。商品をたくさん並べるのではなく、セールスマンがいるわけでもない。お客さんは商品を買わなくてもいいので、ゆっくりと時間をかけて、オーディオやギターを体験することができる」とその目的について語った。

日本の市場はグレイト

創業120周年を迎えるギブソンは世界中に愛好家がいるにもかかわらず、卸販売が主流のため、これまで一般消費者向けの店舗を作ってこなかった。ただ、1986年の就任以降、「小売店よりも消費者を重視」という方針を掲げるジャスキヴィッツCEOは、ブランドの魅力をより浸透させるために、ショールーム設置の必要性を長年感じていたようだ。

店頭には巨大なギターのレプリカを掲げた。もともとは、オンキヨーのショールームだった

今回、ギブソンが世界で初めて東京にオープンした店舗は、出資先であるティアック、オンキヨーとのコラボレーションによるもの。この場所にはかつて、オンキヨーのショールームが設置されていたが、「それほどワクワクするものではなかった」(ジャスキヴィッツCEO)。

次ページ各フロアにファン垂涎の仕掛け
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。