ギター名門ギブソンの“仰天"TOB会見

買収先のティアック社長とロックで競演

「両社長によるギターセッションです」――。記者会見が開始されるやいなやの出来事だった。

司会者の紹介とともに、米ギブソン・ホールディングスのヘンリー・ジャスキヴィッツ会長兼CEO(写真左)とティアックの英裕治(はなぶさ・ゆうじ)社長(写真右)は会見席脇に移動、エレキギターを担ぎ、大音量でロックを奏で始めた。

ギブソンのジャスキヴィッツ会長がリード(メロディ)、ティアックの英社長がバッキング(リズム)を担当し、即興のジャムセッションを熱演。ときおり目線を交わすなど息の合ったプレーを披露し、会見場を沸かせた。

特に、英社長はサングラスを持参し、「会見前のかなり早い時間から、リハーサルをしていた」(関係者)というほどの熱の入れようだった。

TOBには「賛同」も、TOB価格には「保留」

3月29日、世界的なギターメーカーのギブソンは、音響機器の老舗であるティアックを子会社化すると発表した。ティアックに出資する企業再生ファンド、フェニックス・キャピタルからTOB(株式公開買い付け)を通じて1億5744万7000株を取得し、出資比率54.61%にまで高める。TOB期間は4月1日から4月30日まで。

ティアックは当然、TOBに賛同しており、買収成立後も東証1部上場を維持する。

次ページ「ティアック社長は良き友達」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。