ローランドMBOの顛末、混乱の根因は?

食い違う証言、準備不足の否めないTOB

構造変化を旗印にMBOに踏み切った社長と創業者が激しい攻防を繰り広げたローランド。その顛末は(撮影:今井康一)

筆頭株主の財団の理事長である創業者が猛反対。TOB(株式公開買い付け)期間を延長、その結果として定時株主総会をTOB期間中に開催。議題とは関係のないTOBの是非について質問が集中――そんな珍しい事件が、浜松の老舗電子楽器メーカー、ローランドで起きた。

ローランドの三木純一社長(59)は、米投資ファンドであるタイヨウ・ファンドのブライアン・ヘイウッドCEO(47)と組んで、MBO(マネジメントバイアウト、経営者による買収)を宣言。5月14日からローランド株のTOBを始めた。TOB価格は1株1875円。当初は6月25日が最終日だったが、714日に延長している。

ローランドの創業者は梯郁太郎氏(84)。電子楽器の世界共通規格「MIDI」の制定を主導した功績で、2013年にテクニカル・グラミー賞を受賞したレジェンド(伝説の人物)である。

財団とはローランド芸術文化振興財団のこと。上場時に安定株主作りのために、梯氏が私財を投じて作った財団で、現在は公益財団だ。ローランド株の配当金とローランドからの寄付金で運営費を賄っている。梯氏が理事長、ローランド出身の大村泰之氏が専務理事を務めている。

現社長と創業者の激しい攻防

総会における三木社長と梯氏との激しい攻防は、これまでも東洋経済オンラインで報じてきた。

日本MBO史に残るであろう、今回の事件の特徴は、「互いの証言が大きく食い違う」ということだ。感情的な対立がある以上、当然なのだが、発した言葉への記憶さえも大きく異なっている。たとえば4月24日、梯氏とヘイウッド氏との2回目の会合の帰り際のこと。梯氏はヘイウッド氏から「最後に笑うのはどちらでしょうね」という言葉を聞いたという。

タイヨウは投資先に無理強いをしない、おとなしめのファンドとして知られる。投資先企業の社長からのヘイウッド氏に対する信頼も厚い。もし「最後に笑うのは」と言ったとしたら、ヘイウッド氏のイメージは、ずいぶんと変わったものになる。ヘイウッド氏の記憶では「(TOBが)成功するか失敗するかはマーケット次第ですね、と言っただけ」。

次ページ理事会成立の正当性
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。