アンテナ、「スマホの絶対メディア」への挑戦

群雄割拠のニュースアプリ市場<その3>

第3話はAntenna(アンテナ)を展開するグライダーアソシエイツ。アンテナは、「キュレーションマガジン」と謳っており、雑誌コンテンツなどをスマホに最適化することを目指したサービスだ。速報を軸としていることが多い、他のニュースアプリとは指向が異なっているといえるだろう。ローラを起用したTVCMを打ち出し、2014年6月末段階ではユーザー数は350万を突破した。マクロミル取締役会長兼代表執行役社長にして、グライダーアソシエイツの社長CEOを務める杉本哲哉氏にアンテナの設計思想を聞いた。

情報収集の在り方を考える

アンテナ誕生のキッカケは、杉本哲哉氏の2つの着想だった。1つが「グーグル検索の不便さ」だ。

「スマホが普及してきましたが、PCと比べて便利な点もあれば不都合な点もある。文字通り携帯性が高いのがスマホで、いつでもどこでもネットに接続できる。一方でネットサーフィンするにはタブを複数開きにくく、不便だった。情報に出会うにもグーグル検索が主流で、検索結果と自分が欲する情報がマッチしていない。グーグルだけでは情報を探すのに不完全で、より良い情報との出会い方が必要だと感じました」

もう1つが「本屋」だ。「本屋での立ち読みは心地がいい。様々な雑誌の好きな記事を読める。立ち読みはコンピレーションアルバムのようなもの。これはまだネットで実現できていないが、理論上はできる。パッケージ商品である雑誌のコンテンツを記事ごとに分解して流通させる、ということは良くも悪くも、すでにヤフーが創り上げている。しかし、今はメディア側が満足できる形になっていない。ここは大きなニーズがあると思いました」。

そんな問題意識を持っていた2011年11月、ソウル空港でフライトを待っている時にFlipboardを見て、「これこそ大きく発展するサービスだ」と杉本氏は衝撃を受ける。帰国後アンテナ事業を構想し、この構造変化がビジネスに及ぼす影響に思いを巡らせた。

400億円という小粒市場ではない!! 

杉本氏は当時、上場会社であったインターネットリサーチ事業を主軸とするマクロミルの会長兼社長。リサーチ事業の感覚値から、ナショナルクライアントがSNSへの出稿に強い興味を持っていることに気づいていた。

「ナショナルクライアントはSNSへの出稿に興味を示していましたが、例えばFacebookでは学歴や在籍企業名は取れても、ユーザーの興味は上手く取得できない。広告主が必要とするのは、何に興味を持っているかというデータです。スマホでは誰が何に興味を持っているかというデータを持った絶対的なメディアはまだ存在せず、チャンスだと思いました」

2014年7月4日、矢野経済研究所から「キュレーションサービスの市場規模」が発表され、2017年に約400億円(事業者売上高ベース)になるという予測があった。これに対し杉本氏は、規模はもっと大きいと指摘する。「400億円は現状の各事業者からのヒアリングを合算しただけの数字。国内の2013年インターネット広告費が約1兆円で、インターネット広告自体もまだまだ伸びる。キュレーションサービスに出稿する広告費の成長余地もかなりあります」。

次ページ上場企業の中ではできなかった
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。