世界紛争地図 「世界情勢」探求会著

世界紛争地図 「世界情勢」探求会著

世界では紛争の火種が至る所にくすぶっている。それが少なからず日本にも影響を与える。たとえば、レアメタルなどの資源が多く眠るアフリカでの紛争は、ハイテク機器を扱う業界には頭の痛い話となる。中でも中央部に位置するコンゴは屈指の資源大国ながら、安定的な資源供給を期待できない。

日本自体も近隣国との間に難問を抱えている。北朝鮮との拉致や核、ロシアとの北方領土、韓国との竹島、さらに中国・台湾との尖閣諸島の問題などだ。長年議論されているが、いずれも解決には至っていない。

紛争地帯30カ所と日本関連について、その原因、最新の動き、未解決の理由をそれぞれ要領よくまとめる。

角川SSC新書 798円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ホンダの限界

ホンダが「らしさ」と効率化の間で揺れている。車づくりを世界各拠点の独自性に委ね「らしさ」を維持してきたが、生産が500万台を超え、個性と効率、どちらをとるかの分岐点に立つ。