ブラジルで小耳にはさんだ、W杯開催の本音

W杯は、誰のための大会なのか?

 モノがあふれている社会で、売り手はいかにしてモノを売るか。そして、モノに囲まれている私たち買い手が、モノを買う理由とは何なのか。マザーハウス副社長の山崎大祐が、これからの時代の「モノの買い方、売り方」を考えていく。

 

先週、ブラジルへ1週間、行ってきました。メインの目的はもちろん、ワールドカップの観戦ですが、滞在中に現地の人からいろいろな話を聞きました。

「I like football, but…(サッカーは好きだけど)」

これは、ブラジル北西部最大の地方都市、マナウスのタクシードライバーの言葉です。マナウスにも、4万2000人収容のスタジアムがあり、イングランド対イタリアを皮切りにワールドカップが開催されています。

「当初の投資額は3億レアル(約150億円)と言われていたんだ。それが最終的に6億レアル(約300億円)だよ。それも、ほとんど税金によって賄われている。もともとあったスタジアムをわざわざ壊し、新しいスタジアムを作り直したんだ。好きなサッカーを楽しむのに、新しいスタジアムが必要だったと思うかい? それに、この国の政府はあまりに非効率だし、どこにおカネが消えたのかもわからない」

日本対コートジボアール戦が行われたレシフェのアレーナ・ペルナンブーコ・スタジアム。こちらも新しく作られたスタジアムで、5億レアル(約250億円)の投資のかなりの部分が税金によって賄われた

直近のブラジル国内での世論調査では、「ワールドカップ開催に賛成」の割合が40%を切る結果も出ています。とはいえ、そこはサッカー大国のブラジル。訪れてみれば、皆、世界最大の祭典・ワールドカップで大盛り上がり!だと思っていました。しかし、実際にはそうではない現実が見えてきました。

次ページスタジアムに税金を投じたが、恩恵を受けられない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。