ストーリーで共感呼ぶ、ユニリーバのCSR

すべてのステークホルダーの意識を変えよ

 世界でCSRの重要性がさらに高まっている。特にEU(欧州連合)ではCSRに関する重要政策が打ち出されるなど、新しい動きが加速し始めている。だが、日本ではまだ、ごく単純に「CSR=社会貢献」だと認識している向きがまだ多い。
では、世界のCSRの変化にどのように付き合うべきか。ロンドン在住のCSRコンサルタント・下田屋毅氏が、欧州の最新情報を交え、レポートする。
ユニリーバのポール・ポルマンCEO。同社もストーリーテリングの手法を取り入れ、CSRで成功している1社だ(AP/アフロ)

前回のコラムでは、CSRを実施しないことによるリスクについて、また、気候変動、エネルギー・燃料など10の「メガリスク」がビジネスチャンスになるという話をした。メガリスクを、人類を待ち受ける大きなリスクとして捉えるのみでなく、ビジネスの機会と捉えれば、自社製品・サービスのイノベーションに結びつけることができる。

その第一歩は、企業のCSRやサステナビリティに関係する活動を、市場の拡大、学習、コスト削減、ビジネスのチャンスとして見出すことだ。その次には、それを社内外で浸透・推進し、消費者、コミュニティなどのステークホルダーへうまく伝えることが求められるが、それにはどうすればよいだろうか。

今回は、欧米で有効なツールとして注目され始めている「サステナブル・ストーリーテリング」という手法をご紹介しよう。

「行動したい衝動」に結びつく「ストーリーテリング」

「ストーリーテリング」とは、伝えたい思いや概念を、イメージしやすい印象的な体験談やエピソードといった「ストーリー」(物語)として、聞き手に強く印象づける手法である。2000年頃から欧米で「聴き手に伝える方法として非常に効果的」と注目されていた。

それまでビジネスの場面でのプレゼンテーションでは、情報や数字などを伝えることに主眼が置かれてきた。ただ、これらは理論的ではあるものの、聴き手が取り組みたいと思うようにはなりにくかった。

ところが、ストーリーテリングならば物語性があることで、話を聞いた人の記憶に残りやすい。米誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』などでも紹介され、「聴き手自身が行動したいという衝動に結びつきやすい」と、高く評価されている。

次ページ世界銀行を動かしたストーリーとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。