美術品オークションが息を吹き返したワケ

資産効果による買い意欲の回復だけではなかった

活況に沸くオークション会場。落札価格の10~16%がオークション会社の収入になる

「140万円、145万円、150万円、155万円、155万円。よろしいですか、155万円」

ダークスーツに身を包んだオークショニア(競売人)がテンポよく価格を読み上げる。現代美術の人気作家である草間彌生の版画作品『黄色いかぼちゃ』をめぐり、会場の至る所から入札の意思表示であるパドル(番号を記載した札)が上がる。数秒の静寂の後、落札を告げる木づちの音が響いた。

東京・銀座7丁目にある国内最大手、シンワアートオークションの会場。「近代美術パート2」と題されたこの日のオークションには、50代以上の男性を中心に100人以上の客が集まった。同社の石井一輝取締役は「オークション市場は昨年から活気を取り戻しつつある」と語る。

『月刊美術』の清水秀作氏によると、国内美術品オークション市場の平均落札価格(時計、宝飾品などは含まず)は、2003年から07年にかけて上昇したが、リーマンショックをきっかけに急落。09~12年まで低迷が続いた。

だが、市場の持ち直しとともに、落札価格も再上昇。13年の市場全体の平均落札価格は約38万円と、08年以来の水準まで回復した。

次ページ買い手と売り手が好循環
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。