キリギリスは思考の自由度が高い

「固定次元」のアリから「可変次元」のキリギリスへ

「問題解決型」のアリの思考から「問題発見型」のキリギリスの思考へと、発想をジャンプさせるためにはどうしたらいいか。思考回路を転回する際の「3つの視点の違い」のうち、今回は3つめの「固定次元」と「可変次元」との違いについて解説する。

過去の記事はコチラから。

第1回 アリの思考 vs. キリギリスの思考

第2回 アリ型よりキリギリス型が成功する時代

第3回 「アリ型」日本人は、変化に対応できない

「2次元」のアリと「3次元」のキリギリス

「問題解決型」のアリの思考と「問題発見型」のキリギリスの思考の「3つの視点の違い」のうち、今回は最後の「固定次元」と「可変次元」との違いについて解説する。

直観的にわかりづらいかもしれないが、動きが「前後左右のみ」の2次元に拘束されたアリと、必要に応じて「跳ぶ」という選択肢を持ち、「上下」というもうひとつの次元を持った「3次元」のキリギリスとの比較で考えてもらうとわかりやすいだろう。

「可変」という言葉について補足しておくと、キリギリスは後ろ足や羽という「跳び道具」を使わない状態で普通に歩いていれば、アリと同様の2次元の活動も可能であり、必要に応じて「高さ」というもうひとつの次元を自由に用いることができるということだ。つまり正確に言えば、キリギリスは単に3次元だというよりも、「2次元と3次元の行き来による選択ができる」という表現になるだろう。

これを思考の世界に拡張して考えてみると、次元とは「思考の自由度」あるいは「変数」を意味する。

次ページ2次元を3次元に上げることで問題が解ける
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。