「本部を見なくていい」、みずほが現場を強化

みずほ銀行頭取、林信秀氏に聞く

はやし・のぶひで 1980年富士銀行(現みずほ銀行)入行。2013年みずほフィナンシャルグループ副社長、みずほ銀行副頭取。14年4月から現職。

反社会的勢力への融資問題で、昨年に金融庁から2度の行政処分を受けたみずほ銀行。今年4月に就任した林信秀頭取に再生への取り組みを聞いた。

──今後の立て直しについてどう考えているのか。

問題の真因は、組織全体に縦割り意識のきらいがあったことだと考えている。今は、社員の主体性が発揮できるよう、現場力の強化に力を入れている。

──具体的に取り組み始めたことは。

営業店と個々の社員の目標体系を変える。これまでは、本部が営業店に対して細かな目標を設定し、営業店の自主性を失わせるような運営をしてきた。今後は営業店自らが、課題に対する取り組みや目標を作れるようにする。営業店の目標に応じて、個人の目標を定める。

こうした方針を出したのは4月になってからだ。今は、本部と営業店の間で、侃々諤々(かんかんがくがく)話し合っている。営業店が主導権を持って作った目標を成し遂げるということを、2014年度中にやっていきたい。

──頭取としてどのようなメッセージを社員に発しているのか。

主役は営業店だ。4月1日の人事も、それが見えるようにした。今までは50歳ぐらいになると銀行以外へ異動する人事が大半だった。しかし、実績を上げ、顧客から評価されている支店長は、50歳を過ぎて役員に登用されなくても、3店目、4店目の支店長になってもらうようにした。(今回の人事を通して)伝えたいのは、「もう本部なんか見なくていい。お客さんを見てくれ。そこで頑張った人はちゃんと評価するよ」ということだ。

──現場はしっかりしていた。そうでなかったのは経営ではないのか。

そう言われると立つ瀬がないが、役員陣も変わってきている。委員会設置会社へ移行し、社外取締役の目線が強まっている。従来の経営会議では、担当の役員が説明して、あとは頭取が総括しておしまいということが多かった。しかし、今ではいろんな人が手を挙げて、意見や質問が飛び交っている。

──16年春に予定していたシステム統合が9カ月後ろ倒しになった。複数のベンダーに発注していることが、調整の遅れを招いているのではないか。

まったく新しいシステムを、システムエンジニアの確保を含めて1社で担えるのかという課題があったので、複数社に依頼した。ただ、プロジェクトマネジメントオフィスを作り、各社の精鋭を集めて、システム統合に向けた全体の工程管理を行っている。複数社だから遅れているということはない。

(撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2014年5月31日号

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。