BPOでコスト削減、ベトナムが「熱い」

「日本語スキル」「安い人件費」のバランスがカギ

 高度な技術を求められない仕事を、外部に委託するBPOを行う日系企業は少なくない。しかし、このBPOを海外に委託している企業となると、極端に数が少なくなる。日本語を扱える人材が海外に少ないという壁もあるだろうが、コスト削減を図りたい企業に提示したいのが「ベトナム」という選択肢だ――。
日系企業からBPOの仕事に携わるベトナム人たち

経営の効率化を求め、さほど高度な技術を求められない仕事を外部に委託する企業は少なくない。いわゆる、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の一種だ。日経情報ストラテジーが2012年5月に公開した調査結果によると、実施している日系企業は全体の21.9%だという。

しかし、このBPOを海外に委託している企業となると、極端に数が少なくなる。同調査結果によれば、海外に委託している企業は全体の5.8%。これは仮説にすぎないが、たとえ単純作業にすぎないとしても、業務レベルで日本語を扱える人材が海外に少ないことが背景にあるのではないだろうか。

とはいえ、BPOの最大の目的はコスト削減。だとするならば、一般的に海外よりも人件費が高いと言われる日本人の従業員よりも、より人件費の安価な海外に作業を委託し、企業の利益率を高めることが望ましいはずだ。そんな企業にお勧めなのが「ベトナム」である。

コストは日本の4分の1以下

サウザンドクレインは企業のマーケティング支援を行う会社で、2012年にベトナムに現地法人を設立した。そこでは、日系ディスカウントスーパーチェーンのポイントカードに関する会員情報の入力など、日本語によるデータ入力の作業がベトナム人の手によって行われている。

作業フローは、まず顧客企業から同社の日本オフィスに紙で情報が送られてくる。それを「スキャン隊」と呼ばれる部隊がデータ化し、東海地方に拠点を置くデータセンターに送信。それをベトナム人がウェブで閲覧しエクセルに入力。ベトナムからはデータを抜き取れないようセキュリティが敷かれている。

次ページ優秀な日本語人材を定着させる職場作りが肝
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。