ユーロ相場、8日のECB追加緩和に注目

敏腕アナリストが分析する為替相場

ユーロが高止まりするなか、8日のECB理事会では、量的緩和があるのか。ドラギ総裁を中心としたECBの決断に市場の注目が高まる(ロイター/アフロ)

市場予想に反して、ユーロ高が継続

右表を見ていただきたい。2013年後半以降のユーロ相場を見ると、当初の市場コンセンサスに反して大幅なユーロ高が進んでいる。

2013年6月末の時点では、市場ではユーロ/ドルが当時の1ユーロ=1.30ドルから同年末までには1.27まで下落することが想定されていた。

だが、実際の相場は1.37までユーロ高が進み、2013年を締めくくった。足元は1.38台前後まで一段高となっている。一方、ユーロ/円相場も昨年6月の1ユーロ=129円から同年末までに132円までの上昇にとどまるとの予想に対し、実際の市場は同年末に144円まで上昇した(足元は141円前後)。

ECBのドラギ総裁は、3月ECB理事会後の記者会見で、2012年以降のユーロ高がインフレ率を0.4~0.5ポイント押し下げたとの見方を示したほか、4月13日の米ワシントンDCでの講演では「為替レートの上昇は、一段の金融緩和を必要とさせる」と述べた。実際、ユーロ圏HICP(消費者物価指数)の前年比上昇率は2013年6月のプラス1.6%から2014年3月にプラス0.5%まで減速した後、(イースター休暇の影響による)4月の反動も、プラス0.7%にとどまった。

次ページECB追加緩和の条件とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。