世界唯一、ディズニー「内」ホテルの秘密

ファンもあまり知らない、ミラコスタの裏側

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの外観
 千葉・舞浜の東京ディズニーリゾート(TDR)の敷地内に2001年に開業したのが、海をテーマにした東京ディズニーシー(TDS)。当初からアルコールを提供するなど、東京ディズニーランド(TDL)より少しアダルトな雰囲気を醸し出し、家族連れ中心のTDLの中でも、カップルや年配客の多いテーマパークだ。
 そのTDSの中に同時オープンした東京ディズニーシー・ホテルミラコスタは、世界的にもたいへん珍しい、テーマパークの中にあるホテルだ。TDRを運営するオリエンタルランドグループが手掛けるディズニーホテルとしては、ディズニーアンバサダーホテルに次ぐ2番目の開業である(現在は3番目の東京ディズニーランドホテルもある)。
 ディズニーホテルの特徴、そして「インパークホテル」という新しいコンセプトに込められた開発者の思いとは。石井章弘総支配人に聞いた。

4つの異なる外観を持つ、稀有なデザイン

――昨年夏にディズニーランドホテルを取り上げましたが、今回はディズニーシーにあるミラコスタです。初めて海をテーマにしたのがディズニーシーで、その中にあるホテルがミラコスタですが、どこか参考にする前例があったのでしょうか。

おそらく世界初の”インパークホテル”だと思います。米国フロリダのアニマルキングダム・ロッジのホテルはアフリカのサバンナのイメージで、部屋からは動物が見えます。ただ、ディズニーのパークと隣接しているホテルは、ここが初めてです。

ディズニーは、それまではあまり中や裏側を見せないコンセプトでやってきました。それを見せるのは、かなりのチャレンジだったと思います。

――ホテルのデザインはたしかイタリアの中世でしたね。

18世紀から19世紀に造られたであろうホテルの建物をイメージしています。

次ページ見る方向により、4つのイタリアが
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。