ネット選挙が”メディア変革”をもたらす

私が感じたメディアイノベーションの胎動

テレビというメディアを、誰よりもうまく使った小泉純一郎元首相(撮影:尾形文繁)

※初回の記事はこちら:ぶっちゃけ、ネットで政治は変わるのか?

※前回の記事はこちら:ヤンキーとネトウヨが日本を支配する日

選挙の現場視点から「ネットと政治」を考える3部作。最終回は、ネット選挙の解禁がマスメディアに及ぼす影響について考えたい。「東洋経済オンライン」を愛読する20~30代のビジネスパーソンは、「デジタルネイティブ」と言われる世代。新聞を購読しないばかりか、テレビも持たない人もいると聞く。日々のニュースは「ヤフトピ」や日経電子版で接する程度だろうか。私より上の世代ほどにはマスコミへのあこがれもないだろうし、今回のテーマは興味を持ちづらいかもしれない。

しかし、この半世紀、テレビの影響で政治の現場が動かされてきたのも事実だ。「政治とメディア」の関係性を有権者として意識しておくことは、投票先を自分のアタマで考えるために必要だろう。ネット選挙解禁と呼応するように、メディア業界に変革の兆しが出ていることも紹介したい。

政治家も記者も「伝統芸能」化

候補者がたすきをかけ、選挙カーや拡声器で一方的に訴えかける――。皆さんも朝の通勤途中に駅前で見たことがあるはずだが、大半の方はシカトして早く会社に向かいたいだろう。みんなの党の山田太郎・参院議員は、都知事選で家入一真氏と対談した際、「品川駅だと何万人の通勤客に無視される。最初の頃は心が折れそうになった」と苦笑していた。必ずしも生産的とは思えない従来の選挙活動を、私はしばしば「伝統芸能」化していると感じる。

次ページ当選者の“万歳”が撮り直し…
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。