中国アリババ、25兆円以上の時価総額に?

フェイスブックはもちろん、「ウォルマート超え」も

3月20日、中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングが米国に上場すると決定したことを受け、ロイターが金融12社を調査したところ、時価総額予想平均は1410億ドルとなった。浙江省の本社で2012年6月撮影(2014年 ロイター/Carlos Barria)

[香港 20日 ロイター] -中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングが米国に上場すると決定したことを受け、ロイターが金融12社を調査したところ、時価総額予想平均は1410億ドルとなった。このうち最も大きくなると予想したのは豪投資銀行マッコーリー・グループで、2000億ドルに達するとした。

アリババの新規株式公開(IPO)規模は、2012年の米フェイスブックの規模160億ドルを上回る可能性があるとみられている。

また、ロンドンに上場する金融サービス会社IGグループによると、同社が運営するグレーマーケットでは上場初日引け時点のアリババの時価総額は約2500億ドルに達するとの予想が示されている。

IGグループはこの水準が維持されるかは分からないとしているものの、トムソン・ロイターのデータによると、この水準に達すれば米小売最大手のウォルマート・ストアーズの時価総額2420億ドルを上回り、時価総額の大きさで世界10位に付けることになる。

アリババ株については、ソフトバンク<9984.T>が37%、米ヤフーが24%、それぞれ保有している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。