ユニクロも惚れた?Jクルーの実力とは

日本撤退後に大復活、今やセレブ愛用ブランドに

コンサバ感やシンプルさを併せ持った、新たなカジュアル路線がJクルーの売り(Bloomberg via Getty Images)

50億ドル(約5100億円)の価値はあるのか――。ユニクロを展開するファーストリテイリングによる買収交渉が報じられた、米アパレルメーカーのJクルー。日本では2009年1月にひっそりと撤退しているが、本国の米国ではその後急激に成長。今やミッシェル・オバマ大統領夫人など多くのセレブも愛用する、米アパレル業界の“It(イット)”カンパニーと呼ばれるまでになっている。

日本で展開していた頃のJクルーのイメージといえば、「優等生向けのコンサバルック」だろう。1983年にカタログ通販から始まった同ブランドは、1990年代にハイネックの先がクルッと丸まった特徴的なセーターで一世を風靡。一時は全米中の大学生がカタログを心待ちにしていた。が、ギャップなどカジュアル系ファッションの台頭や、衣料品の低価格化が進む中で、スタイル的にも価格的に中途半端になってきた。

つれて業績も低迷し、1997年にはファンドの傘下に入った。その後、経営者の交代や株式上場などを経て、2010年には再び2つのファンドに約30億ドルで売却されている。現在は米国とカナダ、英国に451店舗を展開しているほか、創業時から続くカタログに加えて、2012年から世界100カ国以上でネット通販も開始。2013年1月期の売上高は前年同期比9%増の24.2億ドルに拡大。この5年間で売上高は8割以上膨らんでいる。

アパレル版アップル?

冴えないプレッピー(名門私立校風)ブランドだったJクルー復活を牽引したのは2人の人物だ。

1人は2003年にCEO(最高経営責任者)に就任したミラード・ドレクスラー氏。大手百貨店のバイヤーだった同氏は1987年にギャップの社長に、1995年にCEOに就任した。カジュアル路線への転換や店舗数の急拡大などを進め、入社当時は4億ドル程度だったギャップの年商を14億ドルにまで拡大させた「米アパレル界のマジシャン」(流通企業向けのコンサル等を手掛けるハワード・デービッドオーウィッツ氏)である。

次ページもう1人のキーパーソン
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。