自前路線とついに決別、孤高ユニーの窮余一策

自前路線とついに決別、孤高ユニーの窮余一策

東海の雄、小売り大手のユニーがついに扉を開けた。業務提携先の伊藤忠商事から2010年3月末までに3%の出資を受け入れることを決めた。同社は実質的な筆頭株主となる。

実はユニーと伊藤忠の関係はかなりデリケートだ。両社は2006年から、衣料品や食品の共同開発などで業務提携。その間、年4回会長や社長らが出席する経営協議会を開き、将来のプロジェクトなどについて議論してきた。

ユニーの念願である中国本土進出にも弾みがつく。伊藤忠は中国ではGMS(総合スーパー)の成功事例とされるイトーヨーカ堂と手を組んでおりノウハウがある。伊藤忠とユニーは提携後、現地視察に何度も訪れ、GMS構想を煮詰めてきた。11年までにヨーカ堂とは競合しない上海に出店する予定だ。

一見、極めて友好的な関係だが、今回の提携に関しては、ユニーの心情は複雑だ。

同業者の拡張路線に目もくれず、地元市場の深掘りを進める堅実さと、その裏に潜む高いプライドがユニーの特徴だ。伊藤忠とも実質的に提携関係を深めながら、表向きは「協力関係」と緩い言葉を選んできた。「提携」の言葉に軍門に下ったかのような響きを感じていたからだろう。

孤高の「自前路線」が成立する背景には地域特性もあった。八丁みそなど関東とも関西とも異なる東海の独特の食習慣は、地域外のチェーンには厄介な問題だ。そこに築いた牙城は強固で、他社との資本提携など論外だった。

伊藤忠にとって小売業態は「21世紀の(成長の)ベース」(小林栄三社長)。資本提携の意欲は強かったが、実現する可能性は低いとみられてきた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。