「モノが少ないと、快適に働ける」

【特別対談】土橋正×本田直之(上)

クリエイティヴな仕事をするためには、モノを少なくするのがベストのようだ。ではなぜ、モノを少なくした方がいいのか? どうすれば、モノを少なくできるのか?
 今回から2回にわたって、ベストセラーレバレッジ・リーディング』(小社)でおなじみの本田直之氏と、このほど『モノが少ないと快適に働ける』(同)を著したステーショナリーディレクターの土橋正氏との対談を掲載。書類整理術から、名刺管理術などに至るまで、最新の仕事術について考える。
本田直之氏(右)と土橋正氏(左)のキャリアは同じ会社からスタート。土橋氏が「1年先輩」だった(撮影:尾形文繁)

土橋 今回は、対談をさせていただき、ありがとうございます。

本田 何を言ってるんですか、先輩(笑)。 

土橋 お互い、大学卒業して最初に入った会社が同じで、私の方が1年だけ先輩だったね。

本田 部署は違いましたけどね。

土橋 そうそう。ただ、帰る方向が同じで、よく一緒に帰ってた。無理やり、一緒に帰っていた部分があったんですけど(笑)。

本田 さすがに新入社員だった頃は、自分の仕事が終わっていても上司や先輩が残っていると、なかなか先に帰れないわけです。それで、オフィスに残っていると、その理由を知った土橋さんが声をかけてくれて……。

土橋 「本田は今日の仕事が終わっているんで、もう帰っていいですよね?」って、周りの上司とか、みんなに聞こえるように言うんです。すると、OKが出て一緒に帰れると。

本田新入社員にとっては、ありがたい先輩だった(笑)。

土橋 その後も、一緒に仕事をすることはほとんどなかったんだけど、それほど大きな会社じゃなかったので、よく一緒にいたね。2年くらいしたころだっただろうか、いきなり「アメリカでMBAを取ります」といって、わき目もふらず英語の勉強をしたり、その準備を黙々とはじめたのをよく覚えている。

1年くらいかけて準備が整ったところで会社を辞めたんだよね。当時は、MBAといっても今ほど一般的ではなくて、そんなものがあるんだ?って思ってたけど、今思うと、あの頃から違っていたんだね。

次ページ快適な仕事空間をつくるには?
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。