潔い引退も、本音は未練たらたら?

ゴルフは70歳を過ぎても、戦うことができる

ジャンボ尾崎が、自らのブログで「カウントダウン」と題して、自分の引き際について語っていた。直筆である。

昨年、つるやオープンの第1ラウンドで、62をマークしてエージシュートを達成し、久しぶりにジャンボらしいニュースが流れたけれど、やはりレギュラーツアーで戦うには肉体に限界を感じたのだろう。この引退宣言とも取れる文章は、一つの時代を築いたスーパースターの苦渋とも取れるものだったと思う。

「身体の変化から、思い通りに歩めない自分が出てきている。情けないし、淋(さび)しいし、と思う日々が多くなっている」と書き記していて、周囲から見れば、遅いと取る人もいれば、やはり残念だという人もいる。僕は、このブログを読んでいて、さまざまな思いが巡ってきた。

その一つがプロスポーツ選手の引退についてである。ほかのスポーツと違って、ゴルフは息が長い。レギュラーツアーの後に50歳以上のシニアツアーができて、70歳を過ぎても戦うことができる。だから、潔い引退というシーンは、ゴルフにはなかなか存在しない。

尾崎の場合は、シニアツアー参戦を拒んで、ずっとレギュラーツアーで戦ってきた。頑固なまでに、レギュラーツアーにこだわった。だから、この数年はジャンボ尾崎の存在すら薄れてしまった感がある。それでも根強いファンもいて、戦い続けた。

ずいぶん昔に、中部銀次郎さんの紹介で、稲尾和久さんとお酒を飲んだことがあった。そのときに聞いた話を思い出す。

稲尾さんは、1958年の日本シリーズで、対読売ジャイアンツ戦3連敗の後、4連投して4連勝の逆転劇をやってのけた投手だった。「神様仏様稲尾様」といわれた伝説の人物である。

「稲尾さん、一つ聞いていいですか?」
と、僕は切り出した。そして

「引退するときに未練はありましたか?」
と聞いた。

すると稲尾さんが、はっきりと答えた。
「未練たらたらですよ」

そしてこう話してくれた。
「私がね、変化球を投げて、あ、これだ、と、思いどおりにいったのは、200勝を達成した後、引退間際だったんですよ。あの当時、精神的には充実していた。肉体的には、衰えてきましたけどね。投げて、あー、これが変化球だと」

尾崎の心中は未練たらたら。しかし、ゴルフゲームや技量が完熟していながら、体がついてこないというジレンマからの決断だったのだろう。

おそらく今季限りというニュアンスの文面。一つの時代を築き上げた選手の決断だったが、その行間に、引き際の切なさが伝わってくる。

「週刊東洋経済」2月22日号

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。