プロゴルファーにオフシーズンはなし

体ならしでツアーに出ても、よい成績は残せない

ゴルフをイメージするとき、ドライバーショットを思い浮かべる人より、パットやパッティンググリーンを頭に描く人のほうがゴルフがうまい、そんなことを聞いた記憶があるけど、それは確かと思いますね。

ドライバーが普段より余計に飛んでも、気分はいいけどスコアがよくなるわけではなく、アイアンショットがピンに寄っても、ラインが下りのスライスだったりするとパットが簡単に入るわけじゃありません。

結局、ゴルフのまとめはパットなわけです。

そう思える人は、ドライバーをむきになって飛ばそうと思わなくなるし、アイアンも無理やりピンそばに、と思わなくなる。するとドライバーにもアイアンにも余計なプレッシャーがかからなく、ゴルフ全体が自然とよくなるんですね。

でもね、今は「なるほど」とそう思っても、コースに行ってティーグラウンドに立つと、そんなことはすぐに忘れ、ドライバーを振り回したくなる。それは自分も同じでしてね、試合で若い選手と回り、30ヤードも40ヤードも先に行かれると、1ヤードでもその近くに持っていきたいと体に力みを感じるのがわかるんですね。

でも、だからゴルフは、いつも新鮮で面白いんでしょうね。

今回、パッティングにこだわっているのは、新年早々にトレーニングのためハワイに行って、プレーも何度かしましたけどね、ソニーオープンの開催されたコース、ワイアラエでプレーをしたとき、アウトは38ながら、インは31が出たんですよ。いいスコアはうれしいもんで、やっぱりゴルフはパットと再確認。

具体的にどこがよかったかというと、昔そうだったようにターフが取れているんですよ。パッティングでターフが取れるって表現はおかしいかもしれないけど、以前はパットの調子がいいとグリーンが少し削れるのが普通だったんですね。

自分はヘッドが上から下へのダウンブローのパッティング、ヘッドが最下点に行く前にボールに当たるわけで、まあ、言ってみればアプローチの要領でパットをしてるんですね。このアプローチとか、パッティング、細かい動作ほど手首の柔らかさや足腰の強さが必要なんです。

足腰の強さや体の柔らかさに、日頃の鍛錬の賜物ですが。

ソニーオープンで日本選手を見ていると、日本はまだシーズンオフ。体ならしのつもりでハワイに来ても、いい成績を残せるはずがありません。ゴルフにシーズンオフはありません。シーズンを通して世界各国で試合があり、いつ、どこへ行っても試合ができる体づくりをしていないと、トッププレーヤーへの道は遠くになるばかりです。

ツアープロは、心も体もシーズンオフを作ってはいけないと思うのです。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
経済の新常識<br>日本の今を「総括検証」!

追加緩和発動!風雲急を告げる日本経済を緊急解説する。景気、為替、経済対策などを賢人たちが徹底講義。加えて、「今」を読み解くための経済学の歴史、経済統計の見方も説明。

  • 新刊
  • ランキング