「やりがいある仕事を探せ」というムチャ振り

ブラック企業にとって「やりがい」ほど美味しいものはない

日本の会社には、奇妙な風習が多すぎる。そんな主張で一躍、月間50万PVの大人気になったブログがある――それが、「脱社畜ブログ」だ。
この連載では、「脱社畜ブログ」管理人で、書籍『あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。』を刊行予定の筆者が、日本の会社の奇妙な風習を正面からぶった切っていく。
第3回目は、みんなが欲しがってやまない「仕事のやりがい」について、そんなものは本当に必要なのか、一度冷静になって考えてみたい。
書籍『あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。』の「はじめに」と、第2章の一部を公開しています。こちらからご覧ください。(12/26追記)
ホント、早く目を覚ましてください。(イラスト:深川直美、著者新刊より)

こんにちは。「脱社畜ブログ」管理人の日野瑛太郎です。

仕事についての話をしていると、かなりの頻度で「やりがい」という言葉が出てきます。「やりがいのある仕事」に就くことの重要性は、学校の職業教育や就職活動、一部のビジネス書などでもよく強調されます。

「仕事で大事なのは、おカネよりもやりがいだ。給料は別に高くなくてもいいから、やりがいのある仕事がしたい」という価値観で働いている人も、決して少なくありません。

でも、こんなふうに仕事の「やりがい」ばかりが強調される状況って、なんだかおかしいような気がしませんか。

「自分はやりがいよりも、おカネのほうが大事です」とはっきり言うと、日本ではなんだか残念な人のように思われてしまいますが、そんなふうに考えてはどうしていけないのでしょうか。

連載3回目の今日は、そんな仕事の「やりがい」について、少し考えてみたいと思います。

次ページプライベートにだって「やりがい」はある
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。