ヤマト運輸が「信書」問題で方針大転換 

フジテレビバラエティでの”違法行為”も論点に

段ボール箱に信書を入れてしまうと・・・・

宅配便を送るとき、何の気なしに添え状を入れたり、書類をメール便で送ったり……そんな日常の行動に、実は「郵便法違反」という犯罪のリスクが潜んでいる。

郵便法第76条では日本郵便以外の事業者が「信書」の送達を行うことに厳しい罰則が定められている。違反した者には、3年以下の懲役または300万円以下の罰金が課せられる。なかなかの重罪なのだ。

かつては郵政監察官が取り締まりに当たっていたが、郵政民営化後は警察官が捜査に当たるようになった。誰かに郵便法違反を告発されれば、あなたも容疑者として警察の取り調べを受けることになるかもしれない。「特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、または事実を通知する文書」というのが信書の定義である。何が信書なのかの判断を下すのは総務省だが、その基準は実にわかりにくい。

たとえば履歴書などは、応募者が企業に送る場合は応募の事実を通知した文書とみなされるため「信書」。企業が応募者に返送する場合は、履歴書に事実の通知がないとして「信書に該当しない」。ただし、合否の通知とともに送付する場合は、その通知文が信書とみなされる。

フジテレビが全国放送した"違法行為"

では、以下のケースはどうなるだろうか。

「最近益々ツッコミのキレもすごいと思います。さすがですね。近所の人から『もう大丈夫やね。あのポジションはいい所やね』とよく言われます。本当に自慢の息子です。それから、彼女を大阪から東京に呼び寄せ、一緒にくらしているそうやけど、そろそろ責任取ったらどう~ぉ 母より」(文中ママ)

これは、5月25日にフジテレビがオンエアした「超潜入リアルスコープ」の宅配便特集で紹介された手紙の一節である。お笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基さんに、母親から届いた宅配便に入っていたメッセージだ。

次ページ後藤さんの母親はどうなった?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。