美女いくさ 諸田玲子著

美女いくさ 諸田玲子著

時代小説に強い読書家でも、主人公の小督(おごう)(江、江与ともいう)の名を知る人は少ないかもしれない。信長の妹・お市を母とする、つまり信長の姪「浅井三姉妹」の末娘。長姉の秀吉の側室・淀殿(茶々)に比べ、同じく数奇な運命をたどったわりに脇役扱いが多く、伝記類もない。その「空白」に挑戦したのが本書だ。

小督は3度結婚する。すべて信長の姪としての政略結婚。3度目の結婚で徳川(2代将軍)秀忠に嫁して、正室で唯一の徳川将軍(3代家光)の生母となり、天皇(明正天皇)も自らの係累(孫)とした。豊臣秀頼の正室・千姫の母にして、増上寺に葬られた徳川一門で唯一荼毘に付されるなど逸話豊富。崇源院として大奥でも権勢を振るった。

まだ海のものとも山のものともわからない前半生を丁寧に描く。新聞小説にありがちな同じエピソードがたびたび出てくるのは気になるが、その濃厚な歴史絵巻は圧巻であり、440ページを一気に読ませる。

中央公論新社 1890円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。