東大夫婦が「お勉強」より重視すること

ママは研究者、パパは主夫!

“東大夫婦”が子育てで重視することとは?(写真は堀込さん一家)

取材の待ち合わせは東大の赤門前。今回登場する堀込さん一家が「子どもたちを連れてよくキャンパス内で遊んでいる」ためだ。

夫婦ともに東大関係者。夫の泰三(たいぞう)さんは工学部で学び大学院を修了。妻の実苗(みなえ)さんは最近まで東大所属の研究者で、現在も客員研究員として籍を置く。職住近接で大学の近くに住んでおり、次男の耕平くんはキャンパス内の保育園に通っている。

記事に載せる家族写真を赤門前で撮りたいのですが……。「わかりやすい写真」を撮ろうと筆者が切りだすと、泰三さんにやんわり断られた。「そういうのはあまり好きじゃないので、別のところにしませんか」。

案内されたのは、赤門を入って数十メートルのところにある芝生の広場。渦巻き形のベンチがある、公園のようなスペースが、堀込さん一家のお気に入りだ。着くやいなや、2人の息子さんたちは裸足で走り始めた。20~30メートル先にある、大きな木のところまで全力で走っていき、こちらに戻ってくる。そして茂みの周りをぐるぐる回る。

そんな2人の様子を目の端にとらえつつ、インタビューに答えてくれた堀込さん夫妻が「危ない」と言ったのは、たった1回だった。子どもたちのすぐ後ろを車が徐行で通り過ぎたときだ。ちなみに2時間弱の取材撮影の間、「だめ」という言葉は、夫婦のどちらからも、一度も出てこなかった。

夏休みは23泊、男子3人夏物語

堀込さん夫婦の子育て方針は、あえて尋ねるまでもなく、こうした様子を見ているだけで伝わってくる。泰三さんが2人の息子に望むのは「自分でやりたいことを見つけられる子に育ってほしい」ということ。

重視するのは「体験」だ。峻平(しゅんぺい)くんが6歳で小学1年生、耕平(こうへい)くんが2歳で保育園児ということを考えると、まだ、勉強より遊びが優先なのも当然かもしれない。ただ、泰三さんの言う「体験」は普通の親の想像を超えるスケールのものだ。

たとえば夏休み。昨年は、泰三さんと峻平くん、耕平くんの3人、沖縄で1カ月暮らした。これを泰三さんは「男子3人夏物語」と呼ぶ。今年の夏は23泊24日、鹿児島市に3泊、船の中で2泊、奄美大島や与路島などの離島にも滞在し、種子島ではロケットの打ち上げも見た。

次ページなぜこんな子育てが可能に?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。