“無名”からドラフト1位候補に出世した男

富士重工、東明大貴のシンデレラストーリー

大学時代のくやしい思い

桐光学園の投手・松井裕樹、大阪桐蔭の捕手・森友哉が注目を集める2013年のプロ野球ドラフト会議で、彼らと同じ1位候補に挙がる“無名投手”がいる。富士重工業の右腕、東明大貴だ。

最速153kmのストレートを誇り、今年10月の東アジア大会では初の全日本代表入り。富田高校時代の夏の岐阜大会で3年連続初戦敗退した東明は、大学、社会人という6年間の雌伏を経て、シンデレラストーリーを描き始めようとしている。

運命のドラフト会議を10月24日に控え、候補のアマチュア選手たちはどんな心境なのだろうか。東明が率直な気持ちを吐露する。

「不安ですよ。新聞や雑誌では名前を出してもらっていますけど、あくまで予想の話。何も決まったわけではありません。大学時代に悔しい思いをしているので、同じ気持ちを味わいたくないですね。すごく怖い世界です」

東明は桐蔭横浜大学時代の2年前、2011年11月に行われた明治神宮大会出場決定戦で東海大学の菅野智之(現・巨人)に投げ勝ち、一躍注目を集めた。しかし、プロ志望届を提出したものの、ドラフトで彼の名前が呼ばれることはなかった。

実は、事前にある1球団から調査書が届いていた。だが、指名があるとしても下位で、さらに担当スカウトは翌年から他球団のコーチに就任することが決まっていた。東明はすでに富士重工業から内定をもらっており、その球団には齊藤博久監督が「申し訳ないけど、指名しないでください」と断りを入れた。東明が希望どおりにプロ野球選手になったとしても、味方になってくれるはずの担当スカウトが退団していては、数年でクビになる可能性を否めなかったからだ。

東明も納得しての決断だったが、夢見る自分を捨て切れなかった。2011年のドラフト会議は、自宅で3人の同級生と一緒にインターネットで見守った。1位指名された菅野や藤岡貴裕(ロッテ)、野村祐輔(広島)をはじめ、下位でも同じ大学4年生の名前が次々と呼ばれていく。東明の指名はないままドラフトが終わり、友人たちと近所に食事に出掛けた。当人の心境をおもんぱかった周囲は口を開けず、ただ沈黙の時間が流れた。

「みんなの気遣いがうれしかった反面、期待に応えられなかったことを申し訳なく感じましたね。ドラフト前には『指名はないだろう』と感じていたので、『自分には関係ない』くらいの気持ちでした。それが、いざ同級生が指名されていく光景を見て、悔しいと感じる自分がいました。その立場になって、ようやく気づきましたね。『自分はそういう世界に行きたかったのだ』という思いも湧いてきました」

次ページ当初の評価は低かった
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
Dr.ストレッチ<br>伸びーる新業態

最近、街で見掛けるストレッチ専門店。中でもDr.ストレッチは首都圏、京阪神、福岡に展開、7年で100店超。60分6600円でもリピート率は高い。筋肉さながら伸びる業態に迫る。

  • 新刊
  • ランキング