「腕時計型デバイス」はけっこう使えるかも

デザインは野暮ったいけどハイテクなガジェット

5.7インチ画面の「GALAXY Note3」(左)と腕時計型デバイスの「GALAXY Gear」(右)

 

9月にアップルが発表したiPhone5sはCPUの高速化、指紋認証機能以外には、機能面で大きな革新をみせることはなかった。これには世界中のアップルファンが、少しがっかりしたはずだ。ウワサされていた腕時計型デバイス「iWacth」への言及もなかった。

それに対し、アップルのライバル、サムスン電子は同じ9月に新味のあるデバイスを発表している。それがグーグルの最新OSである「Android(アンドロイド)4.3」を搭載した「GALAXY Note (ノート)3」と、アンドロイド4.3専用の腕時計型端末「GALAXY Gear(ギア)」だ。

ノートのディスプレイサイズは約5.7インチもあり、スマートフォンとタブレットの中間に位置する、いわゆる「ファブレット(フォーンとタブレットの造語)」と呼ばれる端末である。

ノートの最大の特徴は、ペンタッチ入力を基本としていること。ペンタブレットメーカーであるワコムが製造する専用の収納式タッチペンが付属しており、これを使うことで、手書き入力などができる。日本では従来からノートを扱っていたNTTドコモに加え、KDDIも販売する。10月下旬以降に発売される予定だ。

見た目はゴツイがけっこう軽い

そして今回のモデルの目玉は、アンドロイド4.3専用の腕時計型デバイス、ギアと連携できること。ぱっと見た目にはごついオモチャのようだが73.8グラムと、かなり軽いため装着感があまりない。ノートと連携することにより、いろいろなことができる。

次ページGALAXY Gearの実用性は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。