嫌われ者「徳川家康」を大河はいかに描いたか

「太平生来、天下安穏」に隠された真意

「世の安寧」のみを願った家康の生涯が描かれた背景とは?(写真:yanmo / PIXTA)

“戦国三英傑”のひとり徳川家康は世界でも例を見ない260年余の争いなき時代の基を築いた武将だが、大衆的な人気の点では他のふたりの英傑織田信長と豊臣秀吉に及ばない。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

考古学者の山岸良二氏は、「日本人は〈目的のためには手段を選ばず結果として目的を達成した〉家康に対して〈嫉妬心〉や〈単純に好きになれない複雑な気持ち〉にかられてしまうからだ」と分析する。

山岡荘八は26巻に及ぶ長編時代劇『徳川家康』で、“陰湿、策謀、吝嗇、老獪”というイメージが強い家康を“戦のない世をつくろうと真摯に努力した平和主義者”に書き換えようと奮闘した。その熱意から原稿用紙1万7400枚の大作(講談社刊『山岡荘八歴史文庫』)が生まれ、同著はジュール・ロマン著『善意の人々』(全27巻)と並ぶ「世界最長小説」としてギネスブックにその名がきざまれた。

最後の大河ドラマになるかもしれない

1983(昭和58)年の大河ドラマ第21作目の「徳川家康」は、その山岡が創作した“家康像”を踏まえて制作されたのだが、誕生から21年を経ようとしていた大河ドラマは、ある重大な局面に面していた。時代劇としての大河ドラマにピリオドを打ち、「徳川家康」を最後に明治以降の近・現代への移行しようとしていたのだ。チーフ・ディレクターの大原誠は当時の模様を次のように記している。

「(企画決定機関より)昭和五十九年度から大河ドラマを大きく転換させ、近代路線へ移行させる案が示され、我々の担当する『徳川家康』が時代劇としての最後の大河ドラマになるかもしれないとの趣旨説明を受けました。(中略)『草燃える』の時点で検討された近代路線がいよいよ実行に段階に入る決定がなされたのです」(『NHK大河ドラマの歳月』)

次ページ家康のそっくりショーをやるわけではない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。