ローソンが「低糖質コンビニ」に込める狙い

40日間限定で営業する実験店舗の中身とは?

ローソンが期間限定で出店した実験店舗では、「ロカボで健康、始めませんか」というキャッチコピーが店内の至る所で強調されていた(記者撮影)

ローソンは1月16日から40日間、期間限定で健康関連商品に特化した実験店舗「ローソンMC FOREST(エムシーフォレスト)店」を三菱商事ビル(東京都千代田区)の1階で展開する。

店内には健康関連の食品約250点が並び、行動シーンに合わせてセットメニューを提案する。たとえば、「午後に重要な会議を控えていている」というシーンに合わせて提案するのは、昼食に蒸し鶏のサラダ、ブランのバタースティック、カフェラテのセット。糖質を低く抑えているため、眠くなりにくいという。

ロカボ認証の商品を拡充

店内には、糖質からできる老化物質を指先で測定できる「AGEs(エージーイー)」が設置されている(記者撮影)

同店には管理栄養士の資格を持つ店長がおり、商品選びや食生活の相談に乗ってもらえるほか、糖質からできる老化物質を指先で測定できる機器「AGEs(エージーイー)」も設置されている。

今回の期間限定店舗において、客の意見や購買データを吸い上げ、今後の店作りに生かす考えだ。竹増貞信社長は「健康関連商品はニーズがあるし、健康が嫌いという人はいない。反応が良かったものは全国展開したい」と述べた。

ローソン全体では、緩やかな糖質制限を表す「ロカボ」の認証を受けた商品を今年1月末時点の36品目から5月末には約70品目にまで拡充する。

ロカボを提唱・認証する「食・楽・健康協会」によれば、ロカボとは「糖質量を1日70~130グラム(1食20~40グラム、間食10グラム)をメドに摂取する穏やかな糖質コントロールをする食生活のこと」を指す。食後血糖値が上がらないようにすることで、生活習慣病の予防にもなる。

ロカボ商品などの販促を強化することで、健康関連商品の売上高を2017年度の3000億円(見込み)から2019年度に3800億円まで増やす構えだ。

ローソンはこれまでも健康をテーマにした取り組みを行ってきた。2001年に「美と健康」をテーマに据えた「ナチュラルローソン」業態を立ち上げたほか、2013年にはコーポレートスローガンを「マチの健康ステーション」に変更し、会社全体で健康を訴求していく姿勢を明確にした。

次ページ健康商品強化の一方で、セブンとの差は・・・
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
期待のインフルワクチン<br>「埼玉株」見送りの悲劇

「埼玉株」を用いたインフルエンザワクチンは高い効果が期待されていた。しかし土壇場で不採用に。なぜ埼玉株は使用されなかったのか。ワクチン選定をめぐる激しい議論を振り返る。