ライフネットの「がん保険」が物足りない理由

あのゴールドマン出身者が考案した新商品

ライフネット生命が久々に出した新商品の特徴とは?(撮影:今井 康一)

インターネット専業の保険会社、ライフネット生命は昨年(2017)年8月から「がん保険」の販売を始めている。2008年に定期死亡保険と終身医療保険の2商品で出口治明氏(2018年1月から立命館大学アジア太平洋大学学長)が創業したライフネットにとって、2010年に開始した就業不能保険以来、久々の大型新商品だ。

がん保険の担当トップは昨年6月に取締役になったばかりの森亮介氏(33)。森氏はゴールドマン・サックス(GS)証券を経て2012年にライフネットに入社した。GS時代は資金調達やM&A(企業買収・合併)が専門で、当時の主要顧客が保険会社だった。ライフネットに入社後は29歳で企画部長に就任。経営戦略本部長を経て昨年4月、がん保険への参入を見据えて営業本部長に就任した。

「ぽっかり空いている穴を見つけた」

「がん保険はすでに多くの市場参加者がいてレッドオーシャン(過当競争)状態。今さら参入したところで特徴がなければ埋没しかねない」

『週刊東洋経済』1月15日発売号(1月20日号)の特集は「保険に騙されるな」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

がん保険への参入を検討し始めた2015年末に森氏にはそんな危機感があった。異業種出身ならではの新鮮な視点が期待されたが、「いいアングルが見つけられない」と苦悶したこともあったが、就業不能保険の支払い事例がヒントになったのだという。

「就業不能状態になるきっかけの6割はがん。がんで就業不能になった人の話を聞くと、業務量の抑制などで年収が平均2割減っていた。就業不能状態を脱し、働きながらがん治療をしている人の『身入りの減少』の保障が(保険商品のラインナップとして)ぽっかり空いていることに気づいた」(森氏)

そこで「がんの治療費に加えて収入減を保障する保険なら特徴が出せる」と「ライフネットのがん保険 W(ダブル)エール」の販売に踏み切った。Wエールは診断一時金のみの「シンプル」と治療サポート給付金のついた「ベーシック」、さらに収入サポート給付金のついた「プレミアム」の3タイプだ。診断一時金100万円のみのプランで比較すると「全年代でどこよりも安い」(森氏)のが自慢だという。

次ページ保険料設定の狙いとは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ゲーム大会がカネを生む<br>勃興するeスポーツ産業

ゲーム対戦を巨大スクリーンやネット配信で観戦するeスポーツ。近年、人気が高まり、2020年には世界で約1600億円市場に。東大卒「ときど」にプロゲーマーを選んだ理由を聞く。