内定の合否を分けるのは「ちょっとした差」だ

26歳、半年転職が決まらなかった男の転換点

転職で内定が取れる人と取れない人との差は、「ちょっとしたこと」にある (写真:Graphs / PIXTA)

第二新卒向けに就職活動のサポートを続け、多くの人たちを見てきた。そこで見てきたことは、内定が取れる人と取れない人との差は、“ちょっとしたこと”ということだ。

そのちょっとした差が何なのかを知ることで、転職活動をうまく進められる第二新卒が増えると思う。今回、代表的な転職活動のストーリーを紹介しながら、その“ちょっとしたこと”を説明していきたい。

休日出勤しても代休が取れない

「就職四季報」特設サイトはこちら

「今は土日も普通に休めていて、むしろちょっと暇なくらいです」。

芦田靖幸(仮名)さんが転職に成功したのは約半年前。「休日出勤が当たり前」という、典型的なブラック企業に勤めていた。が、残業時間も少なく、休日も普通に休める会社に転職することができた。転職活動をしていた当時とはうって変わり、余裕のある表情でそう答えた。

最初に出会ったのは、芦田さんが前職を退職し、転職活動を始めて約半年くらいが経過したタイミングだった。そのころは面接を受けても、不採用ばかりだったようで、表情もどこか自信がないような印象を受けた。ある程度の職歴があるのに、なぜか自分のやってきた仕事の自己評価が低く、前職の経験はアピール材料にはならないと思い込んでいる点に、疑問を感じたことを覚えている。

【第二新卒プロフィール】
仮名:芦田 靖幸
性別:男性
年齢:26歳(転職当時:25歳)
最終学歴:日東駒専レベルの機械工学科卒
在籍期間(1社目):1年7カ月
前職の業務内容:計装の施工管理
現職の業務内容:環境試験機の設計
次ページ休日にいつ呼び出されるか・・・
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
マイクロソフトの蘇生力

創業43年のマイクロソフト。日進月歩のIT産業では古株。もはや時代遅れとの声も聞こえていた同社があらためて評価されている。革新をやめないテックの巨象をリポート。