「新入社員がすぐ辞めていく会社」の4大特徴

「仕事は量」の昭和気質では若手から嫌われる

「若手は叱って育てる」ばかりでは、若手社員が逃げ出してしまいます (写真:xiangtao / PIXTA)

10月31日配信の「『入社3年以内に会社を辞める人』の4大特徴」では、自分を変えずに「環境」だけを変えようとして短期離職する、第二新卒者の特徴と改善策を取り上げました。

その一方で、新入社員の短期離職は、「企業」側に原因があるケースも多く存在するとも思っています。

エン・ジャパンが今年5月に「エン転職」の利用者を対象にした退職理由のアンケートによると、理由(複数回答可)のトップ3は、「給与が低かった」(46%)、「評価や人事制度に不満があった」(37%)、「残業や休日出勤が多くて辛かった」(28%)という順。「他にやってみたい仕事ができた」(18%)、「結婚・子育て・介護などの家庭の事情」(10%)など、自己の都合を理由にするケースは、少数派となっています。

新入社員と年配社員にある“価値観ギャップ”

今回は、これまでにキャリアカウンセリングでヒアリングした第二新卒(社会人としての就業経験が3年以内)の退職理由から、新入社員が3年以内に辞めてしまう会社の特徴と、その見分け方を説明していきます。

サービス残業、求人票とは異なる待遇提示といった、明らかにルール違反を犯している企業は論外ですが、それ以外の理由でも、新入社員の短期離職につながる意外な落とし穴が存在するのです。

それは、新入社員と年配社員の間にある、仕事に対する、「価値観(当たり前だと思うこと)」のギャップ。自分の会社はちゃんとしていると思っていても、この価値観のギャップを認識していないと、知らず知らずのうちに、新入社員にとって働きづらい環境を作り出してしまっていることもあります。

次ページ若者世代は職場環境を重視
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?